« バナナジャム | トップページ | 新ドラマ »

言葉というもの

今日の京本さんのSpeak、ほんと考えさせられたなあ。

いつも笑いの中に心に響くことを書かれるのだけど、ネットという媒体が社会の中心とさえ言えるくらいになってる今、京本さんの言われることは本当にそうだと思う。

今までも京本さんのSpeakは、京本さんが、京本さんの責任において、京本さんの思いを綴っておられる場所と思ってたから、普通の感覚でいうブログというものとはちょっと違うかなあ、とは思っていたけど、京本さんが「ブログではない、Speakだ」と力説される、本当の意味が今日わかった。

軽い口調で書いておられることも多いけど、決して安易には書いていない。ジョークひとつにしても、よく考え、よく吟味して選ばれた言葉たちなのだと思う。

言葉は言った瞬間から、書いた瞬間から一人歩きを始めてしまう。安易に出した一言が人を深く傷つけることもある。特にネットに載せる場合、自分の仲間内だけではない、自分が全く知らない不特定多数の人々が見るということを絶対忘れないように、自分の発言が誰のことも傷つけないか、よくよく考えてから、その発言について一切の責任を負う覚悟で「送信」のボタンを押さなければならないんだな、としみじみ思った。

今の子供たちは、我が子も含めてゲームや携帯、PCというものから切り離せない世界になっている。それは時代の流れで仕方の無いことだけれど、使い方だけは間違えないように教えないといけないな。

自分がこれだけPCはまりまくりの毎日を送っといて、子供たちがいずれPCを使う日が来るのが、本当はすごく怖い。

新しい出逢いはネットの世界でもすごく楽しくて、面と向かってはなかなかおしゃべりできない人でも、書くことはわりと簡単にできてしまう。だけど、「書く」ことのほうが本当は難しいんだよということを、よく知っておいて欲しいと思う。本名でなく、無責任に放出される言葉たちは、ときにすごい凶器に十分なり得るものだから。

以前ネットに嫌なことを書かれたとかで、小学生が同級生を学校で殺した事件があった。そんな事態にまで発展する可能性のある「言葉」。

使い方では、ほんの一言で人を救うこともできる「言葉」、人を癒すこともできる「言葉」。

どっちの方向に転んでも、言葉にはとても大きな力があるものなんだね。

私も時々間違いをしてしまって、後でものすごく後悔するから、よくよく考えてから書くようにしたいと思う。

それにしても、今日のSpeakにはどきっとさせられた。はっとさせられたというか、ブログだからと安易に考えちゃいけないな、と。家で紙とペンで書いてる日記じゃないんだから。

どんな場所でも、どんな時でも、自分の言葉には責任を持たなきゃね。

|

« バナナジャム | トップページ | 新ドラマ »

京本政樹」カテゴリの記事

コメント

さくら様が触れられてる回のspeak、私も先日読んでいたのですが、すごくいろいろなことを考えさせられました。

そして、私はこれはもしかしたら読みを誤ってるかもなのですが、
京本さんが応援している先日当選した人の絡みでこういうことを仰ってるのかなあ、なんて…。

メディアのなかでも週刊誌やテレビは、事実がどうであれまずは手にとって/見てもらわなくてはということで煽って表現しますよね。

実際どんなことがあったのかや、その人がどういう人なのかは、自分で掴まないとわからないはずなのに、報道されたことを元にあれこれとネットやらで書いてしまう。
そうすると、書かれた言葉はまるでそれそのものが命を意味を持ったように次の人へ伝達していっちゃうもので…。

そんななかで京本さんが、自分の大事な人を守るためにも、自分の眼をしっかり持って判断したうえで、書くときは責任もって書くべし、と仰るのがすごく暖かくて、
ああ、この人はこうやって回りの人を本当に大事になさってる人なんだろうなあ……と、京本さんファンなんてとても言えない、ちゃらい経歴しかない私ですが(^^;)、
やっぱり、さくら様はじめファンの皆様の、その末端にぶら下がってしまうなあ、と思いました。

本当に、こうやって周りの人を守っていけるなんて、強い人じゃないとできない気がします。京様、すごい!

投稿: 睦 | 2009年4月19日 (日) 09時01分

京本さんが具体的に何かが頭にあったのかどうかはわかりませんが、仰ってることは本当にそうだと思いました。私も、自分の大切な人をちゃんと守ろうとしている姿勢も、やはりすごいと思います。
芸能人は特に誤解されやすいだろうし、それを好き勝手に言う人も大勢いるのも事実。だけど芸能人だけじゃなく、こういうブログでも全くの知らない方が見られているという点では同じですよね。
こういう場所で書くことも、コメント等で書くことも、しっかり責任もって書かなければいけないと、きちんと教えられた気分です。
やっぱり強い人だと、私も思います!
これからも一緒に応援しましょうね~~~(^^)vvvv

投稿: さくら | 2009年4月20日 (月) 11時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537508/44673151

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉というもの:

« バナナジャム | トップページ | 新ドラマ »