« 初めての試合 | トップページ | ダウンタウンDX »

必殺仕事人2009最終話「最後の大仕事!」

何はともあれ、

よかった~~~~~(*^^*)!!!

誰も死なず(と言ったら語弊がありますが)、一番望んでた形のラストで、すごく安心しました♪

最初から飛ばしてくれる拷問シーンには「うぎゃsweat02」と思いましたが、21時番組というのが幸いしてか、遠くから映したり、涼次の声や表情などで何かやられてる、というのがわかるくらいで、実質的な映像がなくて胸を撫で下ろしましたdash

血は嫌い~~~(TT)。痛いの嫌い~~~(TT)。怖いの嫌い~~~(TT)。

それでよく必殺なんて見れるな、と思ったりしなくもないんですが(^^;)。

でも、見なくてもいいぶん、頭の中で余計な映像を浮かべてしまって困りました(^^;)。

だけど、簡単に仕事人を頼んだり、と思えば、その仕事人を「一人一両やて♪」と売ろうとしたり、ちょっとここんとこ私の中で下がり気味downだった如月の株が、今回上昇しましたup

如月が責められることに耐えかねて、とうとう白状しようとした涼次に「言ったらあかん!」と言った如月。自分がここまでされて、それでも涼次が吐かないということは、よほど大切なことなんだろうと。それなら絶対に言ったらあかん、殺るなら殺れ!と啖呵を切ったところに痺れました。そういえば、一応如月も忍び。それなりの修行も、精神的鍛錬もしてるはず。逆境に負けない強さがあったことに、ただお気楽な娘っ子じゃない一面が見えてよかったですvvv

それに、今回は小五郎さんに感動させられることが多かったっ(TT)。

お菊さんとの「だんなも経師屋には一目置いてたんだね」に「本人には言うんじゃねえぞ」のやりとり。お菊さんに言われて、てっきりいつもの皮肉か何かで返すものかと思ってたのが、素直に認めるなんて・・・!

そして、助けに入って「経師屋! 経師屋!」と探してるところ。仕事を請ける場面では、涼次が生きてればいいと言う匳に「俺達は請けた仕事をやり遂げにいくだけだ」とか何とか言ってるくせに、血相変えて探すところは、小五郎さんの本音が見えてぐっときた。

その後、涼次に仕事をさせるとき、隠すように如月の前に立つところに、如月に涼次が人を殺すところを見せない、二人に対する思いやりが溢れててまたまたぐっときました(TT)。そして、おそらくは涼次が何をしているかわかって、それでも「いい仲間やな」と躊躇いなく言い切る如月もよかったです。

涼次にばかり注目していましたが、よもや伝七があんなことになるとは! これからも準レギュラーとして、田中様並にいて欲しかったのに。田中様が脇としての役どころを徹底していたのに対し、伝七はメインになる回もあったし、個人の思いを描かれ過ぎたためでしょうか。最後まで小五郎を仕事人だとは思っていなかった伝七。「お前にはこれが似合いだぜ」といって朱房の十手をかけ、懸命に涙をこらえる小五郎さんいこれまたぐっときました。ぐっときてばっかり。

そして、仕事を請けるとき! 逡巡した末に姿を現し、仕事を請ける。「あなたが・・・!」というきよに潤んだ瞳で頷く顔にこちらまでうるっときました。

それにしても、際立っていたのは、小五郎さんの鬼のよーな強さ!!

つか、仕事人であれはどーなんでしょう(^^;)。確かにものすごく綺麗な殺陣でした。最近の若い人の中ではぴか一だと思うほどに。だけど、暴れん坊将軍か、水戸黄門か、というような殺陣は必要なのかなあ。昔から、暴れん坊将軍とかでもよく思ってたのだけど、あまりに無関係な人を殺しすぎてない? おそらくはその悪者に雇われていただけの、事情も全くしらないただのサラリーマン武士を、将軍だからって、問答無用で斬っていいものだろうか。しかも、仕事人がそれをしたら、ただの人殺しだと罵られても仕方ないよーな・・・(^^;)。匳ちゃんは瓦版屋に付き従ってた女の子さえも殺さなかったのにね。でも、起こすの早すぎ。姿見られちゃうよ(^^;)、と思いましたけど。

それに、大勢の人間に守られている的を、どうやって誰にも悟られず確実にしとめるか、ということに必殺の醍醐味があると思うんだけど、まわりにいる人皆殺しってのは、ちょっと問題じゃないかと・・・・。まあ、見る分には堪能しましたが。やっぱ、時代劇が似合う人だよね♪

小五郎さん以外では、やっぱり主水さん。目刺焼きの指南をする姿に落涙ものでした。エンディングでもその続きがあって、泣き笑いのような気持ちになりました。

最後に江戸を出て行く二人(出て行ったのよね?)。何日後の設定か知らないけど、涼次の回復力は驚異的ですね! 目、潰されてたんじゃないのね。よかった~~(^^)!さすがアイドル、顔の回復力は特にすごい!(え?違う?)

匳ちゃんもすごい売れっ子さんになったのね。「半年待ちだよ」なんて。しかも、できるのは来年の正月だな、なんて言ってくれるってことは、来年の正月にできた着物を持ってくるシーンがあったりして!! 必殺仕事人2010!!

手乗り文鳥に「おかえり」とうるうるしながら言う匳ちゃんももーかわいくてかわいくて。

正直、これが始まるまであまり田中君好きではなかったのだけど、も、傾倒しまくりです。この人たちのその後が絶対見たい!!

続編、すごくすごく楽しみにしています。

そして、その折には、ぜひぜひ組紐屋さんと鍛冶屋さんをなんらかの形で絡ませて欲しいなーーーーーーー!!!!(切望TT)

なんにしろ、とても面白かった2009。終わるのは寂しいけど、続編あると信じて、待ってます♪

|

« 初めての試合 | トップページ | ダウンタウンDX »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537508/45494500

この記事へのトラックバック一覧です: 必殺仕事人2009最終話「最後の大仕事!」:

« 初めての試合 | トップページ | ダウンタウンDX »