« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

必殺仕事人2009最終話「最後の大仕事!」

何はともあれ、

よかった~~~~~(*^^*)!!!

誰も死なず(と言ったら語弊がありますが)、一番望んでた形のラストで、すごく安心しました♪

最初から飛ばしてくれる拷問シーンには「うぎゃsweat02」と思いましたが、21時番組というのが幸いしてか、遠くから映したり、涼次の声や表情などで何かやられてる、というのがわかるくらいで、実質的な映像がなくて胸を撫で下ろしましたdash

血は嫌い~~~(TT)。痛いの嫌い~~~(TT)。怖いの嫌い~~~(TT)。

それでよく必殺なんて見れるな、と思ったりしなくもないんですが(^^;)。

でも、見なくてもいいぶん、頭の中で余計な映像を浮かべてしまって困りました(^^;)。

だけど、簡単に仕事人を頼んだり、と思えば、その仕事人を「一人一両やて♪」と売ろうとしたり、ちょっとここんとこ私の中で下がり気味downだった如月の株が、今回上昇しましたup

如月が責められることに耐えかねて、とうとう白状しようとした涼次に「言ったらあかん!」と言った如月。自分がここまでされて、それでも涼次が吐かないということは、よほど大切なことなんだろうと。それなら絶対に言ったらあかん、殺るなら殺れ!と啖呵を切ったところに痺れました。そういえば、一応如月も忍び。それなりの修行も、精神的鍛錬もしてるはず。逆境に負けない強さがあったことに、ただお気楽な娘っ子じゃない一面が見えてよかったですvvv

それに、今回は小五郎さんに感動させられることが多かったっ(TT)。

お菊さんとの「だんなも経師屋には一目置いてたんだね」に「本人には言うんじゃねえぞ」のやりとり。お菊さんに言われて、てっきりいつもの皮肉か何かで返すものかと思ってたのが、素直に認めるなんて・・・!

そして、助けに入って「経師屋! 経師屋!」と探してるところ。仕事を請ける場面では、涼次が生きてればいいと言う匳に「俺達は請けた仕事をやり遂げにいくだけだ」とか何とか言ってるくせに、血相変えて探すところは、小五郎さんの本音が見えてぐっときた。

その後、涼次に仕事をさせるとき、隠すように如月の前に立つところに、如月に涼次が人を殺すところを見せない、二人に対する思いやりが溢れててまたまたぐっときました(TT)。そして、おそらくは涼次が何をしているかわかって、それでも「いい仲間やな」と躊躇いなく言い切る如月もよかったです。

涼次にばかり注目していましたが、よもや伝七があんなことになるとは! これからも準レギュラーとして、田中様並にいて欲しかったのに。田中様が脇としての役どころを徹底していたのに対し、伝七はメインになる回もあったし、個人の思いを描かれ過ぎたためでしょうか。最後まで小五郎を仕事人だとは思っていなかった伝七。「お前にはこれが似合いだぜ」といって朱房の十手をかけ、懸命に涙をこらえる小五郎さんいこれまたぐっときました。ぐっときてばっかり。

そして、仕事を請けるとき! 逡巡した末に姿を現し、仕事を請ける。「あなたが・・・!」というきよに潤んだ瞳で頷く顔にこちらまでうるっときました。

それにしても、際立っていたのは、小五郎さんの鬼のよーな強さ!!

つか、仕事人であれはどーなんでしょう(^^;)。確かにものすごく綺麗な殺陣でした。最近の若い人の中ではぴか一だと思うほどに。だけど、暴れん坊将軍か、水戸黄門か、というような殺陣は必要なのかなあ。昔から、暴れん坊将軍とかでもよく思ってたのだけど、あまりに無関係な人を殺しすぎてない? おそらくはその悪者に雇われていただけの、事情も全くしらないただのサラリーマン武士を、将軍だからって、問答無用で斬っていいものだろうか。しかも、仕事人がそれをしたら、ただの人殺しだと罵られても仕方ないよーな・・・(^^;)。匳ちゃんは瓦版屋に付き従ってた女の子さえも殺さなかったのにね。でも、起こすの早すぎ。姿見られちゃうよ(^^;)、と思いましたけど。

それに、大勢の人間に守られている的を、どうやって誰にも悟られず確実にしとめるか、ということに必殺の醍醐味があると思うんだけど、まわりにいる人皆殺しってのは、ちょっと問題じゃないかと・・・・。まあ、見る分には堪能しましたが。やっぱ、時代劇が似合う人だよね♪

小五郎さん以外では、やっぱり主水さん。目刺焼きの指南をする姿に落涙ものでした。エンディングでもその続きがあって、泣き笑いのような気持ちになりました。

最後に江戸を出て行く二人(出て行ったのよね?)。何日後の設定か知らないけど、涼次の回復力は驚異的ですね! 目、潰されてたんじゃないのね。よかった~~(^^)!さすがアイドル、顔の回復力は特にすごい!(え?違う?)

匳ちゃんもすごい売れっ子さんになったのね。「半年待ちだよ」なんて。しかも、できるのは来年の正月だな、なんて言ってくれるってことは、来年の正月にできた着物を持ってくるシーンがあったりして!! 必殺仕事人2010!!

手乗り文鳥に「おかえり」とうるうるしながら言う匳ちゃんももーかわいくてかわいくて。

正直、これが始まるまであまり田中君好きではなかったのだけど、も、傾倒しまくりです。この人たちのその後が絶対見たい!!

続編、すごくすごく楽しみにしています。

そして、その折には、ぜひぜひ組紐屋さんと鍛冶屋さんをなんらかの形で絡ませて欲しいなーーーーーーー!!!!(切望TT)

なんにしろ、とても面白かった2009。終わるのは寂しいけど、続編あると信じて、待ってます♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初めての試合

今日はちびたちの空手の初めての試合でした。

組手は練習でさえあの調子(人間サンドバッグ^^;)なので、まだまだ試合なんつーレベルじゃありません(^^;)。ので、形試合へ。

形はなんとか覚えられたものの、挨拶とか、立ち位置とか、進み方とか、かなり怪しいです(^^;)。ま、忘れたら隣の子を横目でちらっと見るのよ! 同じようにすりゃいいからね!といって送り出しました。

今回のは結構大きな大会らしくて、形と組手合わせたら、参加人数が千人を超えていました。ま、両方出る人ももちろんいるのですが。関西中心だけど、中四国や東京など日本各地から。また日本に住んでる人かなあ、いろんな国の方が参加されてました。

席取りが大変よ!と聞いてたので、9時開場のところを7時半頃にはいって順番待ち。開場頃にはすごい人で、開場と同時にみんな走る! 私もがんばって一番前を取りましたscissors

空手に限らず試合なんてもの自体が初めてだから、相当緊張するだろうな~、と思っていたのだけど、次男は緊張のかけらもない(^^;)。観覧席から見ても、なんだかリラックスしてるな(^^;)というのがよくわかる(態度が悪い)様子でした。いいんだか、悪いんだか。

まあ、やっぱりキレもスピードもほとんどない、たらんとした形でしたが(^^;)。声もほとんど出てないし。

最後に、スタッフのお姉さんに頭撫でてもらって、「はーい!」と言ってるのがこちらまで聞こえてきそうな元気さで、にこにこ跳びはねながら帰ってきました(^^;)。勝ち残った人だけ、その場に残るトーナメント方式なんだけど、おそらく「もう帰っていいよ」とか言われて、嬉しくして帰ってきたんだろうなあ(^^;)。概要をほとんど理解してないと思われる(^^;)。

幼稚園の発表会では、にこりともできないほどがちがちに緊張してたくせにね。舞台はだめだけど、試合はいーのか(^^;)。かなり笑かしてもらいましたcoldsweats01

長男は、それなりに緊張してたみたい。でも、まあ、頭からすべてが飛ぶということもなく、真っ白になるということもなく、やることは一応全部できたのでいいんじゃないでしょうか(^^;)。長男の一回戦の対戦相手が、女の子だったのだけど、長男とは比べ物にならない見事さ。もう、入場してくるときの歩き方、礼の仕方、「用意」の構え方でその技量がわかりました。その子が最終的に3位入賞でした。やっぱりねえ。

学年別だから、相手はみんな同じ年なんだけど、もう、皆おじょーずっ!! うまい子はほんと、「素晴らしいっ!!」の一言。自分の身体の筋肉を、きっちりコントロールしてるというのでしょうか、0から100への力の出し方がすごいんだわ。止めるところはきっちり止める。出すところは力の限り出す。そんな基本的なことをしっかりするだけで、人間の身体の動きって、ここまで綺麗になるんだ、としみじみ思いました。

ま、ちゃんと最初から最後までできただけ、スタートとしてはまずまずなんじゃないでしょうか。試合の空気や流れにもなれていって、試合に勝ちたいという気持ちも育てていって。これからだねっ。

また来月試合です。まあ、結果は今回と似たようなもんだと思うけど、本人の中で「次こそは!」という気持ちが、早くついてきて欲しいものです。

何はともあれ、お疲れ様。

さ、また練習がんばろーrock

つか、私もすんごい疲れたよ(__;)。仕事にゼッケンつけに、席取りに・・・いろいろあたふたな週末でした。眠たひ・・・sad

明日は休みだ♪ 家族追い出したあとにゆっくりしよ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いろいろ最終回

最終回の季節ですねー。

どの番組も大詰めです。

今日は、もちろん「必殺仕事人2009」!!!

もう金曜日の夜を楽しみに待つことができないのかと思うとちょっと寂しくもあり、でも早く見たくもあり、うずうずしつつの一週間だったわけですが。

まあ、いつものことですが夜9時にテレビの前に座ることはできず、夜中に、と思っていたのに、ぼけなすゲーマーが!!cryingcryingcrying

早く寝てよっ。テレビ見たい~~~~~っ!!!

だんながゲームを始めてしまうと、なかなかどきません。ちぃっ。

ので、ここで、あちこちのブログ等々をのぞきたいのを我慢しつつ、こんなぐちをはいてますdown

それはともかく、昨日は「BOSS」の最終回でした。

これもおっもしろかったーーー!!!

いくつか新ドラマ見始めて、お、これはおもしろかな、と思ったものってやっぱり皆もそう思うものなのね。結構な高視聴率だったようで、続編を期待させるような終わり方だし♪

いつもこのドラマの最後はひとひねりあって、どんでん返しがあって終わってたから、やはり、って感じでしたが。内容そのものもだけど、俳優陣がみんな個性的で、台詞も独特で、リズムがあって、なんか人間模様としておもしろかった。この人たちの生活がもっと見てみたいな、と思えるような。

なによりもやっぱり天海祐希さんがやっぱかっこいーーっすheart01

完全なかっこいい女ってだけじゃなく、不器用なとこも、面白いとこも、いろいろ入ってるところが魅力なんだろうなあ。まともに見たの初めてだけど、これまでのも見たくなっちゃった♪

あとは、「魔女裁判」と「MR.BRAIN」。

「アイシテル」はちょっと自分が疲れていたため、重いテーマのものは続ける気力がありませんでした(^^;)。「婚カツ!」は途中でどーでもよくなった(^^;)。他は見てない。

何はともあれ、だんなにクスリでも盛ろうか・・・・(睡眠薬^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「六月の桜」

本屋さんで新刊コーナーで見つけて、久しぶりに買ってしまいました。もちろん知り合いなわけでも、そんなに愛読していたわけでもないけれど、栗本さんがもうおられないなんて、今でもなんとなく実感が湧きません。

そんな思いと、懐かしさから手にとった、栗本薫さんの伊集院大介シリーズ「六月の桜」。

Dsc02975

このシリーズは思春期頃はまって読んでた覚えがあります。シリウス事件あたりまでかな。あれはどう決着ついたんだっけ。

久しぶりに読んで、伊集院さんのなんともいえない独特の、飄々とした感じにすぐ引き込まれてしまいました。一見すごく穏やかで、ほのぼのしてて、ほやんとしていて、だけど、よく見るとすごく怜悧な眼差しをしていて、何もかもを見透かしそうな澄んでいる。そんなに明確に外見の描写があるわけじゃないのに、昔からなぜか私の中に確固とした「伊集院大介」像があります。(余談ですが、鎌田さんの浅見光彦にも通じるものがあるかもしれない)

伊集院さんがページの中に現れると、なんだか安心できるんだよね。

だけど、反対に何か隠そうとしている者にとっては、その穏やかでいながら底知れない眼差しは脅威にうつる。今回の主人公の女の子もだんだん、理由もなくざわめく心を本能で感じ取ります。

禁断の愛、虐待、いじめ、孤独な魂の惹かれあい、そしてやっぱり殺人。衝撃的な内容がいくつも織り込んであって、ジェットコースターのように読ませられました。展開される内容がどろどろであればあるほど、現世から逃れようとするかのような桜の描写がとても綺麗で胸を衝かれました。狂気の中にある人の想いは、結局はわからないけれど、「桜子」に手を伸ばし、「六月の桜」に手を伸ばした二人の気持ちがすごく切なかったです。

この副題に「伊集院大介のレクイエム」と書かれてあったので、最後の本かなと思ったけど、これ2007年に初刊されてたんですね。なんだか久しぶりに読みたくなったので、まだ読んでないのがあるなら探してみようと思います。シリウスとの決着も知りたいしね。

すごい作家さんだったな、と今更ながら思う。

いつか、グイン・サーガにも手をだそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりのおしゃべり会♪

土曜日に中学時代の友達が遊びに来てくれましたーー♪♪♪

彼女達は私がどこに引っ越そうが、一度は遊びに来てくれます。今回もわざわざ新幹線に乗って来てくれました(^^)vvv

趣味も興味も違うし(一人とは結構同じなのですが^^;)、環境も全く別なのですが、不思議と中学からずっと一緒にいます。フィーリングがあうというのか、価値観があうというのか、何年離れていても、全く連絡とっていなくても、いざ会うと昨日まで一緒にいたようにすぐ、昔の空気に戻ってくっちゃべります。多分、これからもきっと、そうなんだろうな。少女のときからずっと、これからもずっと、大事な友達たちです(^^)v 中学時代と、高校時代と、そんな大事な友達がいます。普段、年賀状のやりとりくらいしかしないのにね(^^)。

私がお昼を用意して、みんながお菓子を山と持ってきてくれて、しゃべりながら、はちきれるまで食べてたかも(^^;)。一人はお泊りもしていき、夜も「こういうときくらいいいよねー♪」とアイスを山盛り♪ その子とは中学時代からよく互いのうちにお泊り会をしていたのだけど、だんなとちびが実家に帰ったので、ものすごく久しぶりにお泊り会もできたnote あんまり話してる内容かわんねーよね(^^;)。成長がないってことかしら(^^;)。ま、人間の好みなんて、そうそう変わるもんじゃないってことでしょう。

ひさびさにすごく楽しい一日でしたvvv

今度はみんなでお泊りして、関西観光もしてってねーo(*^▽^*)o

来てくれてありがとうっheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

必殺仕事人2009第21話

面白かったっ!

切なくて、はらはらどきどきで、かっこよくて、くやしくて、「必殺仕事人」という時代劇の魅力がしっかりつまってる一話だとは思いました。

が!!

匳ちゃん、それは無茶でしょう(^^;)。一般人相手に顔見せすぎだし(^^;)。仕事シーンまで見せるなんて、仕事人としてありえなくない? そういえば、阿片に犯された娘たちを加代が逃がす、て話があった気もするけど、あれは、相手が半分へろってたよねえ。

それにあんな入り方したら、捕まってる町民だけじゃなく、もっと大勢の人に見られてるし。顔を見られた相手は殺す、って小五郎さんも言ってるよ(^^;)

んで、涼次。おとりになる意味、あったのかなああああ。

お菊を逃がすだけなら、お菊さんと一緒に逃げればよかったんじゃない? 自分の的をまだ殺ってねえ、って感じでもなかったし。

あれには、久しぶりに「裏か表か」レベルの無理やりさを感じました(^^;)。竜が箒もって飛び出したときくらいのむちゃくちゃさ(^^;)。そんな無理に佳境を作らなくても・・・・(^^;)

涼次、だいぶ好きになってきたんだけどなー。匳ちゃんとのやりとりもすごく面白くて好き♪ 次の必殺(あると信じている)のためにも死なないで欲しいです(><)。

あと、どきんときたのは、お菊さんの「涼さん」って台詞。昔から名前を呼ぶのに弱いのよね(^^;)。「組紐屋」「鍛冶屋」って呼んでたのを、「竜」「政」って呼ぶときの空気の差?気持ち的に余裕のないときが多い気がする。

それと、雨宮さんが無念を伝えるために最期にとった方法にはぐっときたし、熱くなる小五郎さんもよかった。普段飄々としているのに、すごく冷徹なところもあるのに、内面は奥深い。当時の政や竜より大人に見えるけれど、局面ではやはり年相応な熱さも、激しさも持っていて。

なんだろう。2009の面々って、これまでの誰にも似てないようで、それぞれ面白いです。まあ、私はまともに必殺を見たのが「新必殺仕事人」くらいからなので、ほとんどの仕事人たちは知らないのだけど。でも、皆とてもキャラがしっくりしてきたなー、と思う。最終回、どうなるのか今からどきどきだけど、頼むから誰も殺さないで欲しいっす。んで、主水さんと小五郎さんだけ残って、あとは江戸を去っていく、みたいな最終回のお約束パターンで終わってくれるのが最高☆ 

ジャニーズさんたち忙しいからな、無理かな。ころころ入れ替わりで仕事人やらす気だろうか(^^;)。(仕事人続行決定前提で話をしている)

なんにせよ、あと一話ですねっ。公式に「2009、ここに完結!」と書かれているので、秋はないかな(TT)。じゃ、2010でhappy01(おい^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「365日のベッドタイム・ストーリー」

前からちょっと気になっていた本を、とうとう買ってしまいました♪ 中古だけど・・・(^^;)

「365日のベッドタイム・ストーリー」

Dsc02972

1月1日から毎日1話ずつ、日本や世界の短いお話が綴られています。超有名な、誰でも知ってる話から、聞いたこともないお話までいろいろ。まだ二人ともほとんど読めないけど、説明してやると、「おもしろそ~~vvv」と興味深々ですvvv

これまでは図書館で借りてきてたんだけど、なかなか行けないし、結構1冊の長さが長いんだよね(絵ばかりであまり短すぎるのも、もうねえ^^;)。

昔に比べて、公文したり、あたりが暗くなるまで遊びたおしたり、空手いったりしてる最近は、とみにお布団に入る時間が遅くなってきて、あまり長いのはちびたちにもよくないし、こっちも正直しんどい(^^;)。だけど、寝る前のお約束の読み聞かせはなくしたくないし。

と思ってたところに、この長さはちょうどいいですvvv

だいぶ自分でも本が読めるようになってきたし、長いお話も感情をつけて読み聞かせてやると、けらけら笑ったり、しんみりしたりしながら聞いています。ぱらぱらめくったところ、ちょっと比喩的だったり、わかるかな?と思うところもなきにしもあらずですが、だいたいは大丈夫そう。私も知らないお話がいっぱいあるので、一緒に楽しみたいなっ。

やっぱり、本好きにはなって欲しいもんね。

信じなくてもいいから、サンタさんも、魔法使いも、妖精も、素敵だな、と思える子になって欲しい。

想像力があれば、相手の気持ちを想像することも、故に思いやることもできるし。いつも新鮮な目をもって、変わりばえのしない毎日を、自分で楽しくできる子になって欲しい。

想像力の伸びやかな子になって欲しいですo(*^▽^*)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人間ミット・・・?(^^;)

以前からねだられていた空手の防具、ミット、拳カバーを買ってやりました。

すべて2人分だから、〆て25200円・・・うっ、高い(__;)

あんたたちっ、しっかり練習してよっ。

で、昨日の練習で、やっと組手の練習にいれてもらえました。防具のない子は危ないから、組手練習はさせてもらえないんだよね。

「わーいっ♪」と飛んでいったちびですが・・・・

もお、笑える笑える( ̄▽ ̄)

あれだけいつも飛び跳ねてるくせに、まったく手が出せません。構えたまま硬直して、もう、人間ミットというか、人間サンドバッグというか・・・(^^;)。これまでの白帯さん用の練習と違って、速いし、強いし、真剣味が違うしで、いつもおちゃらけてる次男(長男は足を痛めて見学中)の顔が強張ってます。

ぼこぼこにやられて、練習が終わったらふらふらしながら帰ってきて、ぱったり床に倒れていました。「疲れた~~~」だって。

普段、どれだけおちゃらけてるかの証拠のようなもんだわ(* ̄ー ̄*)

再来週は初めての試合。

まー、おそらくは緊張しまくって、頭も真っ白になって、覚えた型もお空遠くに飛んでいくのではないかと思いますが。

がんばろーねっnote

とりあえず、出るだけでいい、と本音では思ってますが、ちび達には渇入れまくってる鬼母でした(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅シロップ

今年も梅の季節ですねhappy01

炭酸の大好きな私は、冬になるとゆず茶、夏になると梅シロップをつけて、ソーダ割りして飲むのが大好きです♪

今年も作ろうかなあ、と思っていたところに、実家から梅がどっさり届きました♪

2Kgあったので、1Kgはマンションのママ友へ。もう1Kgで、早速梅シロップを作りましたーnote

Dsc02969

瓶が小さかったので、もうひとつの瓶へ(^^;)。

梅はすんごく新鮮で、洗って台所に置いておくだけで、爽やかな香りが漂っていました。

季節を感じられるものっていいよねーnote

1Kgの梅に、1kgの氷砂糖、200ccの酢を入れて、3週間おくだけの簡単なもの。酢をホワイトリカーにしたら梅酒になるけど、昼間っから一杯やりたい(おい^^;)私は、梅ジュースがお気に入りなのです(^^)。

梅ソーダにしても、カキ氷にかけても、ヨーグルトにかけてもおいしい♪ 鶏のお大根と卵の煮物とかにちょこっと入れても、爽やかな酸味と甘みがきいて、さっぱり煮になって、暑い夏のおかずにいいですよね。

漬けたのが6月始めだから、もう少しで飲み頃です♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行列のできる法律相談所

最近、ほんとにバラエテイーが多くて嬉しい悲鳴の毎日ですが。

これも可愛かったああぁぁぁぁぁheart01heart01heart01

伸介さんに「熱血指導タイプ。お人好しタイプ」とばっさりやられてましたが、もう、その光景が目に浮かびすぎて(^^)。

一生懸命教えてあげたんだろうなああ。子供達にも♪

教えるとなると手を抜かない人だから、血豆つくって、手の皮剥けてもやっちゃうんだよね。

この前に「ウチくる?!」の録画を見ていたのですが、もうそこからつながって爆笑しつつ、感動しつつ、やっぱりなんていい人なんだ(;_;)、と号泣ものでした。

こんなにフットワーク軽く、こんなに気さくに、こんなに嫌がらず、こんなにこんなに人のために一生懸命になれる人、なかなかいないよ。

だから、京本さんの周りには人が集まるんだろうなあ。

ちょっと小首を傾げて怒る表情がすんごい優しくて、うっとりでしたheart01heart01heart01

怒ってるうちから、もう目が笑ってるし(^^;)

早乙女太一くんもすんごい大人になったよね! 前はほんと中性的というか、繊細な感じがしてたのに、線もしっかりして、すごく男っぽくなっててびっくりした。

去年の秋、初めて太一くんの座長公演見に行ったんだけど、股旅姿はかっこいいし、花魁姿はもう、絶句ものに綺麗だし、思わず写真集風のパンフレットまで買ってしまった♪ でも、その頃よりずっと男っぽい気がする。すごく大人っぽくもなってるし、笑顔がなんか優しくなった。自然な感じになったのかな? ほんとに、少年期から青春期の子って、ちょっと目を離すと驚くほど変わるよね。これからもますます楽しみだnote 願わくば、また流し目同盟の共演があるといいなっheart01

それにしても、Speakでも叫んでおられましたが、

モミアゲじゃなく、横髪だってばっ!!!!

誰か突っ込んであげて(^^;)

ところで、「都バスで飛ばすぜぃ!」2が本当にあるんですねっ!

嬉しーーーーーheart04heart04heart04

楽しみーーーーーーheart04heart04heart04

レギュラー化熱望中note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪傑えみちゃんねる

ここんとこ京様のバラエティーが続くので、とても嬉しいですheart01

昨夜はえみちゃんねる♪ えみちゃん系の番組のときって、京本さん、なんとなくリラックスされているようで、しかもえみちゃんの容赦なく、だけど愛のある突っ込みが楽しくて大好き(^^)vvv

今回は13年ぶりだという坂東英二さんや、無事生還された松村邦弘さん、出産直後のユンソナさん等々がおられたせいかどうかはわかりませんが、京本さんはちょっとおとなしめ(つか、ほとんど坂東さんの話だったよーな気も^^;)。

ファッションはドクロマークのついた黒のニット帽に、いろいろアクセントのついたジーンズの上下、編み上げ靴(?)。どこからどう見てもあまり50歳のおぢさんがやる格好じゃありません。なのに!! 見惚れてしまうほど似合っているこの方って!(TT)。若者っぽいのに、落ち着きある。50歳といわれたら驚くような容姿ではあるけれど、30とか40とかじゃない風格というか落ち着き。纏う空気は50と言われても、確かにとも思うんだよね。やっぱり不思議な感じの方です。見えないけど、見える。でも、あんな50、やっぱいないよね(^^;)。

ま、それはさておき、今回のメインの話は、「作り話みたいだけど実話です」話。で、京本さんのは、「迎賓館前、あわや警官と銃撃戦事件」!

先日のSpeakで詳しく書かれていたけど、やっぱりご本人から聞くと迫力が違います。そりゃ、ベンツに乗ってる人が、いきなり窓をすっとあけて銃を構えれば、警官もすっとんでくるでしょう(^^;)。おまわりさんも相当緊迫してたんだよね。京本さんいわく、「多分怒るのを忘れてたんだと思うんです」。

京様が名乗って「勘弁してくださいよ~」と心底脱力されたそうだから、本当に決死の覚悟で近寄ってきたんだね。京本さんがサングラスかけて、ベンツの窓をすっとあけて、銃を出したら、もう映画のワンシーンですよ! 本物と間違えられてもしかたありません(^^;)。でも、お互いほんとに何もなくてよかったね。

それから「私が勝手に決めつけている!人間の法則」

ここで大川橋蔵さんの銭形平次が16年続いたということを出して、「いつも同じものを食べる出演者の番組は長続きする」というもの。

だけど、それはジンクスとかじゃなくて、それを毎日食べ続けて飽きないっていうのは、簡単には習慣を変えないことをさす。同じものでも常に新鮮な見方ををしていく。

それは全部京本さんがやられていることのような気もします。やっぱりそんけー(><)

今回、ちょっとおとなしめでしたが、人の話に頷く優しい笑顔や、クールな視線にやられまくりですheart02 あー、かっこよかった♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「都バスで飛ばすぜぃ!」&「イケ麺蕎麦屋探偵」

一日に二本も京様の番組!!

朝から幸せheart01気分でしたが、も~~、笑った笑ったっhappy02

都バスの方は、京本さんがSpaekで仰ってた通り、なんだかテンション低down

が、その低さも面白可愛いってどーよhappy02happy02happy02

最初のバスの中での西郷さんのやりとりには爆笑してしまいましたが(いきなり京本さんに話振られたい。いや、誰かが振られてるのを見たい)、完璧なノリツッコミがあったのはここくらい。ここはおもしろすぎて、ついつい何回も巻き戻し♪

慎吾ちゃんのライバル芸人さんを過ぎて、せっかくの目的の西郷さんのところへ行ったのに、二人とも感想ないのね(^^;)。つか、感想が「眠い・・・」って(^^;)。本気で眠そうなところが笑えます(^^)。

が、そこから慎吾ちゃんに後ろから斬りかかれたときは、さすがにかっこいいっ!

さくっと殺陣になるのがやっぱ京本政樹heart04

素手で、びんた入ってて、豪快なけりとかも入ってて、見ごたえのある殺陣(と言っていーのか^^;)でしたheart01 何気にやってもかっこいいのはさすがですheart01heart01heart01

でも、階段でじゃれあうのは危ないのでやめましょう(^^;)。いちいち「しばらくお付き合いください」とか出るテロップにかなり笑ったけど。

仁木っていうお菓子屋さん、知らなかったけど、楽しそー♪ ソース煎餅って、小さい頃駄菓子屋さんにあったよーな、なかったよーな。どこかで見た気もするんだけどな。ああいう、何か一工夫して食べるのって、子供好きだよね♪ 混ぜたり練ったりして食べたり、つけたり浸したりして食べた♪(何を・・^^;)

京本さんが買ってたカレーのやつは、小さい頃というか、居酒屋の付け出しで食べたことあるような気がするな。あれは普通に駄菓子なんだ。

なんかはしゃぐ二人がすんごい、悪がき兄弟みたいで可愛かったvvv

今日はほんとに疲れてるんだなあというか、眠いのねってモードのちゃんこ屋さんでの京本さんがめためたツボでした。沖縄地獄旅では悪魔兄弟のよーな二人のテンションだったけど、今回は結構クール。冷静に慎吾ちゃんに突っ込みを入れるあたりが、かなりかわいかっこよくて、悶えましたheart01 

あ、慎吾ちゃんにおんぶされてるとこもよかったheart01  でも、それでうさぎ跳びは鬼でしょう(^^;)。

今回も面白かったーheart01heart01heart01

ほんとに次もあるのかな。かなり期待大note

んで、夜中にはイケ麺! ま、見たのは昼間ですが。

最初はなんじゃこりゃ的気分だったのですが、面白くてついつい余分にとってた前週のも見ちゃったよ(^^;)。ふじっきーかっこいいし♪

それはともかく、あれが噂の義経様ねheart01

ありゃ、重いでしょう(^^;)。本当にお疲れ様でした(^^;)。

でも、やっぱりああいう衣装、似合うよねーheart01 真面目にやったら、もう完璧な義経なのに、関西弁かよ! ノリツッコミかよ!みたいな京様にやられまくりました。声だけ聞いてたら小次郎がいるみたいだ(^^)。

ほんとに武蔵国まで走ったのでしょうか。あれ着て。幽霊なら飛んでってください。

すごく無理やりな話題の振り方もツボでしたvvv 藤田さんの名前も出てきて思わず反応。「必殺」「竜」「組紐」等々と同じく、パブロフの犬状態です(^^;)。

思わず見つめ合ってる二人ですが、あの人と見つめ合えるだけイタ子はすごいです。でも、二人で三途の川を渡って欲しい、て霊の世界ではロマンチックな告白なんだろうか(^^;)。いや、あの方に言われりゃ渡るけど。あ、でも、今週まだえみちゃんねるあった。再来週はヘイヘイヘイも、その次はダウンタウンDXも。心残りが多すぎて、まだまだ渡れそうにありません(^^;)。その前に誘われないけど(^^;)

次も見逃さないようにしなきゃ! 

あー、面白かったheart01heart01heart01 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「俺も頑張る!」

昨日の京本さんのSpeak。

この方はいつも、応援されっぱなしでも、人にがんばれって言うだけでもない、互いにそれぞれの場所でがんばっていこう、って言ってくれる。ご自分の周りの人々にも、そしてファン一人一人にも、同じ尺度で、同じ位置で、同じ気持ちで語りかけてくれる。

もう、京本さんのこういうところが、やっぱり大好きだと思う。

成功された上の方にいながら、決して「普通の目線」を忘れない。いい事も悪い事もすべて自分の力に変えて、積み重ねた過去があるからこその今があるんだよ、ってことを自分にも他人にもいつも言い聞かせているんだと思う。だから、先のことを気にしすぎず、とにかく今できることを精一杯やろう、と。答えはきっとその先にあるからと。

周りを気にして、なかなか思うとおりにいかないことに苛立って、落ち込んで、もがいてる時期は誰にでもあるけれど、そのこともきっといつか自分の糧になるから、投げ出さず、前向きに歩いていこう、と思える。

人の幸せや成功を心から喜んであげられる人間になりたい、と強く思う。

自分はすごく小さな人間で、なかなかそんな大きな気持ちに到達するのは難しいけれど、京本さんの言葉に、いつもそんなふうに励まされている気がします。

京本さんが頑張ってるのに、たいしたこともしてない自分が投げ出すわけにいかないものねっ。いつだって京本さんを大声で応援できる自分でありたいから(^^)!

昨日は「ウチくる?!」でしたが、なぜか録画できず。仕方ないのでリアルで見ていたら、ちょうど京本さんが出てきたところで、公文に行ってるちび達からお迎えの電話crying

今日はイケ麺とサプライズ!!

これこそはしっかり録画して永久保存しなくちゃっ!!

京本さんの仕事は、全部見たい。ひとつひとつ、一生懸命、自分の精一杯でことにあたっておられる姿はとても元気づけられます♪

がんばれ~、京本さんっ。

私も頑張る!! 

(えらそう・・・^^;。すいません・・・^^;)

さっ、とりあえず今日も仕事がんばろーrock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都遊び~和菓子体験と下賀茂神社~

今日は友達と2度目の京都遊び♪

前回は伏見稲荷大社に行って千本鳥居をくぐってきたんだけど、今回の目的は京都の和菓子屋さんで和菓子作り体験!!

行ったのは甘春堂さん。小さなお店だけど、色とりどりの和菓子が綺麗に並べてあって、風情を感じますvvv この季節、京都の人は絶対食べるという水無月ももうお目見えしてました。普通のと抹茶のがあっておいしそう♪

それはさておき、今回作るのは干菓子ひとつと、上生菓子三つ。

優しそうなおじいちゃんの職人さんが教えてくれます。用意されていたいろんな色のあんこ玉を、言われるとおりに伸ばしたり、抜いたり、包んだり、絞ったり。粘土遊びみたいで楽しいnote

ちょこっといびつな気がしないでもないけど、なかなかな出来でしょっo(*^▽^*)o

干菓子(あゆ)

Dsc02954

上生菓子(つつじ)

Dsc02953

上生菓子(梅の精、牡丹)

Dsc02955

干菓子の型抜いた残りはその場でぱくり。干菓子の柔らかいうちのを食べたのは初めてだけど、砂糖菓子のふにゃっとしたので、口当たりが優しくておいしかったです♪

生菓子は白餡、こしあん、小豆餡の三種類。どれも上品なお味でおいしいvvv

最後にお抹茶と一緒に頂きました。楽しかったnote

ただの丸いあんこ玉が職人さんの手で上品な和菓子になっていく過程は見事としか言い様がありません。ほんと、芸術だよなあ。

それから、下賀茂神社へ行く前に、ちょこっと寄り道して第2琵琶湖疏水へ。

南禅寺のところにある煉瓦造りの疏水の橋。

Dsc02957_2

土曜(何曜でもいいんだけどさ^^;)サスペンスとかによく使われる風景。必殺の「大利根ウェスタン月夜」のトリップするところもどこかの疏水トンネルが使われたらしいんだけど、ちょっと違うかな?

Dsc02958_2

それから、下賀茂神社へ。

入ってすぐの糺(ただす)の森が、もおおおおおっ、すんっごい気持ちよかったーーーー!!

馬場は広い通りの両側に背の高い木が植えられてあって、ビル群を風が抜けていくみたいな感じで通りを風がさーっと吹き抜けていく。さわさわと葉ずれの音や、瀬見の小川の水音が耳に心地よくて、それまで暑かったのが別世界のように涼しかったです。

流鏑馬でもできそうな広さで、実際、下賀茂神社で時代劇のロケは数え切れないくらい行われてる。でも、この風景みたら、もう時代劇の世界まんまでめちゃくちゃ感激しました。

Dsc02966

どこがどこなんてわからないくらい用いられてるけど、ひとつだけはっきりわかったのは(つか、ここを見たくて来たんだけど)二の鳥居。「必殺仕事人V激闘編」の最終回第33話で、主水さんが仲間の手配書の取り下げを元老中と取引するシーン。

Dsc02960

向こうの本殿を背に主水さんが立っていて、老中が鳥居のこちら側で駕籠を降りるところ。そして、鳥居の下でそれぞれの欲しいものを交換みたいな。

「ああ~~~っ、ここ!ここ!」

とひとり、あやしく感激してました(^^;)。他にも激闘編ではよくここの池跡とか、河合神社とか泉川とか使われてたらしい。仕事人V第1話「主水、脅迫される」の江戸市中もここだし、スペシャル版でもいろいろ使われてる。忘れちゃならないのが、激闘編23話「組紐屋の竜、襲われる」の竜が潜んでた江戸郊外で、政と竜がやりあおうとしたところ。これもここの池跡heart01

そして、確証はないけど、ブラウン館で政と竜がブラウン館から逃げ出して一息ついてたところに丑寅の角助と出会うシーンも、「ここっぽい!!」ってとこがいっぱいあって、もう、妄想ワールド突っ走ってましたheart01heart01heart01

Dsc02961

仕事人が闘ったり、暴れん坊将軍が刀振り回したり、銭形の親分が銭を投げたりととにかくすんごくたくさんの時代劇に使われてるそーな。でも、どこからどこまでも絵になる場所ばかりで、すごく納得でした(^^)。

Dsc02963

Dsc02962

朱塗りの門をくぐり本殿へ。なんだか、幻想的できらびやかな、ちょっと神社のイメージと違うけれどとても綺麗な本殿でした。

それから、超有名だという加茂みたらし団子へ。

白玉クリームあんみつとみたらし団子を注文。Dsc02964

Dsc02965

疲れた身体にはこたえられませんvvv

甘さ控えめで、しっかりもちっとしててとってもおいしー♪

みたらし団子は、人の形になってるんだそう(ひとつだけ離してあるのが頭)。普通のよりちょっと小さめで食べやすい。おこげがとても香ばしくて、甘辛いタレが最高でした♪

一日歩き倒して足はぱんぱんだけど、とても楽しい一日でした。

やっぱ京都は歩かなきゃ!! 今度は香道体験したいnote

| | コメント (6) | トラックバック (0)

必殺仕事人2009第16話「玉の輿」

もう6月ですねー。

放送延長の決定を聞いて、わーいわーいheart01と喜んだのも束の間、もう最終回までほんの数回だなんてsweat01 昔の時代劇はよかったっ。必殺Ⅴでも26話。激闘編だと33話もあったのにっ。すごいとこでは銭形平次なんて888話よっ!!なーんでたった20話そこそこで終わっちゃうかなああ。キャラにもやっと思い入れが入ってきたところだというのにっ。

これはやっぱり昔のようにルーティン化しかないですよねっ。

半年おきとかでもいいから。んで、時には2時間スペシャル挟んで。

んで、外せないゲストには、何はさておき鍛冶屋さんと組紐屋さんの復活でheart01 なんならレギュラーでも可(というか切望heart01heart01heart01

それはさておき、今回のお話。

如月、明るすぎ・・・(^^;)。仕事人を正義の味方って、子供じゃないんだから(^^;)。でも、そういえばVでもいましたね。ゆで玉子さんがゲストの回だっけ? 正義の味方といって仕事人を目指した人たち。

だけどねえ、準レギュラーである如月だからこそ、「人を殺す」ことを依頼する重さをもう少し丁寧に描いて欲しかったなあ。どうみても、あれはおみつさんの恨みというより、如月の恨みでしょ。おみつさんは最期まで、お姉さんの顔してたと思うし。

自分が余計なことしたからおみつさんを死なせてしまった自責の念が、おみつさんの恨みに摩り替えただけのように見えたのですが。確かに悪いやつらだけどさ。

涼次は「自分の手を汚すんじゃねえ」とか言ってたけど、人殺しを頼んだ時点で、たとえ物理的に手を下さなくても、やっぱり同罪でしょう。如月だからこそ、それをわかって、その重みを背負う覚悟を持って、その上でそれでも頼むくらいの深みを描いて欲しかったなあと思うのです。

抜け忍の陰もなけりゃ、自分が人殺しを頼むということに対する疑問もない、ただの何もわかっていない子供に見えて、如月の魅力がもうひとつな気がするのは私だけ?

それと、涼次も、如月が仕事人の話を出したとき、あまりにわかりやすい態度(^^;)。若いねー、とか思ってしまう。もう少しさらりと流して欲しかったな。何にも関係ないみたいな顔して、話のついでくらいの気軽さで、「ただの人殺しだろ」って感じで。思いっきり、訳ありです、みたいな顔してたら変に思われるよ(^^;)

それにしても、匳ちゃん、すっかりお菊さんにいいように使われるようになっちゃってvvv

如月といるときはそこそこかっこいいのに、涼次やお菊といるときはなんだか可愛いvvv

なかなかいい味だしてるよねー♪ それに、今日の仕事シーン、かっこよかったし♪ 闇に紅い糸って、なんだか艶っぽくていい感じですheart01

やっぱり必殺は面白いhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名探偵コナン 漆黒の追跡者

独身の頃、来る映画来る映画全部見ていた私。久しぶりに見ると、ついついその頃の熱を煽られてしまうわけでvvv

やっぱしテレビとは迫力違うもんね♪ ま、月曜以外は行かないけど。

1000円ならまぁいいか、と、今度は一人でほいほいと出かけていきました♪

今回見たのは「名探偵コナン 漆黒の追跡者」。

子供連ればかりだったらどうしようsweat01 でも、あいつら連れてくるなら、週末だしなー、そしたら普通料金だから行きたくないしなー、とかせこいことを考えていたのですが、いざ場内に入ってみるとほとんど大人ばかりで驚きました(@@)。

ま、考えてみれば、月曜の昼なんだから当然なんですが、なぜか小、中学生がうろうろしてたので休みと錯覚してました。同じフロアにあるゲーセンにも、映画館にも子供がうようよ。なぜ?! 今日はどこかの創立記念日か? お母さんと連れ立ってる子も多かったし。

ま、ともかく、入ってみると、一人とか、女同士とか、カップルとかがとっても多くて、ほ♪

それはさておき、今回の映画、文句なく面白い!!

正直、去年と、一昨年のがたいして面白くなかったのでどうしようかなあ、と思ってたんですよね。(これはテレビで見たのだけど)

一つの殺人事件に黒の組織が絡まったり、新一の正体がばれたり、すっごいアクションがあったりと、はらはらどきどきなんだけど、蘭がかっこよかったり、平次との友情があったり、見所いろいろ♪

絵がとても綺麗だし、迫力があってぐーscissorsでした。

だいたいはちびたちが見てたから何気に見るようになったコナンですが、いつの間にやらちび達よりしっかりはまってます(^^;)。ミステリー好きだし。昔からアニメも好きだったけし。犬のホームズとか。世界名作劇場とか(パトラッシュに号泣するのは子供時代のお約束)。え?古い?(^^;)。

黒の組織がでばりはじめて、ちび達はストーリーについていけなくなったようで、いまや少年探偵団かキッドが出るときしか興味なさそうです(^^;)。のくせに、「それはどうかな」とか、「江戸川コナン、探偵さ」とかかっこつけてよく言ってますが(^^;)。

それはできないだろ、とか、何で蘭は「次の事件があるから」で毎度納得するんだ、とか突っ込みたいところはいろいろありますが、何はともあれ、とっても面白い映画でしたnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「時は流れ」(TT)←感涙

京本さんの公式サイト羅・刹那で、先日の上杉勝也さんのコンサートでお二人で歌われた「時は流れ」がそのときのコメント付きでアップされています!!

~~~~~~~~~~~~~~~(TTTTTTTTTTT)!!!

感激の嵐っcryingcryingcrying

曲そのものはもしかしたら・・・と淡い期待を持っておりましたが、京本さんが舞台袖から、上杉さんのトークに忍び笑いしているところから、歌って、舞台からはけるまでのコメント付きでアップなんて!!!

なんてすごいんだ、羅・刹那!!!

こんな公式見たことないっ!!!

もう、本当に楽しそうなお二人の空気が伝わってきて、PCの前で怪しくにやけてしまいます。んで、お二人の歌声のきれーなことっ!本当に相性のいい声だなぁ。きっと、会場ではすみずみまでよく通る、すーっとするような歌だったんだろうなああ。

その片鱗を感じられただけで、もう滝涙ですcrying

それにしても、やっぱり京本さんの声って艶っぽいheart01heart01heart01

私、男の人の歌声を色っぽいと感じたのは、福山さんが「飾りじゃないのよ涙は」をカバーしたのと、京本さん(全般)だけだわ。こう、背筋がぞくっとくるような艶がある声だよね。

ああ、生で聴き惚れたい。

爽やかな上杉さんと、艶めいた京本さんが絶妙に調和した「時の流れ」。

その当時の眩しいほどの思い出と、時が過ぎていろいろなものを抱えた今がすごく繊細に、だけどすごく力強く絡み合っている感じで、とても切なくなりました。

いい曲だ~~~~(溜息

羅・刹那様様様です。ありがとうっheart04heart04heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上杉勝也さんのコンサート

京本さんの音楽の相棒、堀口ノアさんこと上杉勝也さんのコンサートが越谷でありました。

京本さんと伝説のシャンプー&リンスを組まれた、京本さんの音楽になくてはならない方ですが、私は当時を知らないので、京本さんのコーラスの方としか認識がありませんでした。でも、その高い綺麗な歌声、京本さんとの抜群の調和にいつも聞きほれたものです。

その方の30年ぶりのコンサート!!

できるなら行ってみたかったですが、場所的に到底無理(TT)。が、公式サイトで試聴した歌声にすっかり魅了されてしまいました!!

コーラスのときと、ボーカルのときって、なんか印象違いますね。やっぱりメインの声で聞くと、こんなに迫力があるんだ、と。よく通るのに、どこか柔らかい、語りかけてくるような声。それに、歌詞がどれも優しいけれど、しっかり前を向いている力強さがあって、すごく元気がでます。

私は「空」が一番好き。聞いているだけで、どこまでも青い空が目の前に広がっているような気がしてきます。歌詞の中の「自分が選んだ空」というところが、ああ、今、この人は自分が選んだ空を飛んでいるんだなあ、とすごくぐっときました。誰も、みな自分が選んだ空を飛べるよう、がんばってるんですものね。本当にすごく、気持ちのいい歌です。

試聴するまではそう強くは思わなかったけれど、本当に、コンサートで聞いてみたいなあ。

そして、すごいサプライズがあったよう!!

竜歌さんの素敵ブログ「かなり愛を伝えていく」でその模様が詳しく書かれていて、思わず興奮してしまいました!

知り合いの方のコンサートには大抵駆け付けられている京本さんのこと、行かれるかな、とは思っていましたが、まさか、あの、シャンプー&リンスの復活があるとは!!

時が返ったかのような、相変わらずの楽しいやりとりに、お二人の歌。想像するだけで、なんだかじわっとなってきます。

一週間で覚えたという、ノアさんの新曲「時の流れ」を歌うとき、微笑みながらじーっとノアさんのことを見ていたという京本さん。過ぎてきた30年を思っていたのかなあ。ご自身もSpeakで仰っていましたが、本当に「僕の隣にはいつも君がいた」んだろうなあ、とまたもやじわっ。

30年て一言で言うけど、凄いですよね!!

その間、二人とも何度も挫折しそうになったり、押し潰されそうになったり、自信がなくなったり、本当にいろいろあったと思う。それらをすべて乗り越えて、それぞれの今があって、そして、今、舞台の上で二人で歌えている現実がすごく素晴らしいものだと思いました。お互いだけが知ってる思いが、言葉にはできないほどいっぱいあるんだろうなあ、と。

そして、一番うるうるきそうになったのは、京本さんが自分がコンサートをするときは、また手伝ってもらうから!的なことを言われたそうで、まだ京本さんの中にそんな気持ちがあるんだということだけで泣きそうになりました。

ほんとに、ほんとにね、

京本政樹の歌が聴きたい

いつか、絶対やってくださいね!!

そして、またいつか、生でこのお二人の歌を聞けたらいいなあ。

話は変わりますが、今日のSPEAKで「HEY!HEY!HEY!」について書かれてありました♪ 徹平くんとの2ショットがめためたかわいーんですが。相変わらずなんて美形な一族だheart01 

もうすぐ「都バスで飛ばすぜい!」の後編もあるし、楽しみがいっぱいheart01

(イケ麺とウチくる?あたりが、いまいち掴めないのがなんですが・・・^^;。新聞やネットで確認しても、いまいち定かじゃないんだよなー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »