« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

土佐紀行(2)

土佐旅行2日目は待望のカヌー体験!!

少し曇りかなー、と思っていた空も徐々に明るさを増してきて、いー感じのお天気にsun

Dscf2383

小さく見えたバンガローも、入ってみると8畳くらいの広さで、家族4人ゆったり過ごせましたv

受付を済ませ、いざ、四万十川へ!!

Dsc07796

さすが清流。浅瀬からしっかり澄んでて、岸辺まで小魚やエビがいっぱいv

Dsc07807

おたまじゃくしもいたよpisces

足を入れると太陽に暖められてて、ぬるーい水(^^;)。そこをめだかみたいな小魚や小さなエビたちがいっぱい動き回ってました。ちび達はおおはしゃぎで、持ってきた水鉄砲に捕まえようと躍起。あんたたちに捕まるよーなとろさなら、四万十の厳しい自然では生きてけないわ(^^;)。

午前中はカヌー教室。ライフジャケットの着方、オールのこぎ方、流れの速いところの渡り方、転覆したときの脱出方法等々。

陸で一通り教わったら、とにかく実際にしてみましょう、ということで、浅瀬からゆっくり入っていきました。

そしたら、浮く!!(当たり前だ)

進む!!(だから、当たり前だってば)

ちび達でも少ししたら簡単に動かしてました。思ってたより簡単v

ただ、かなり腕の力使うので、結構疲れるけどね。

次男はすいすい進むのに、長男は一番最後をトレーナーのお兄さんと一緒にえっちらおっちらsweat02 どーも、運動神経いまいちなやつ(^^;)。

少し上流までがんばって進み、そこで休憩。

カヌーを降りて川遊びですv

身体半分くらいのところまで行くと、水も冷たくて気持ちいいvvvv

顔をつけてみると、結構大きな川魚がひらひら泳いでました。私は見えなかったけど、前夜食べた手長エビもいたそうで、川の生き物達の楽園でした。

だって、顔つけただけで、いろんな生き物達が目の前をあっちへこっちへ横切っていくんだよ? 川中、いたるところで生息してるんだね。すごい自然そのままだ!

浮いて水流に運ばれたり、魚とろうとしたり、泳ぎの練習したりと、しばらく川遊びを楽しみましたv

お昼休憩をとり、午後からは川下り。8Km先の岩間沈下橋まで、カヌーで下っていきます。

が、朝はめっちゃ気持ちよく、すっきりと綺麗に晴れていたのに、午後からはど~~んより。漕ぎ出す前にはぽつぽつ。川へ出た途端、どっっしゃーーーーrainrainrain

ま、どうせ濡れてるんだし、少ししたら止むというので、土砂降りもものともせず、川へ漕ぎ出しましたrock

Dsc07829

(あ、これは午前中の写真)

午前は上流へ向かったのでなかなか進まないし、かなりきつかったのですが、午後は下るので、それほどでもなく進む。回りを見てるとそうも見えないけど、川面というか、川の中を見てると、思ったより速いスピードで進んでいました。

それにして、ほんと綺麗な水!!

透明度めっちゃ高くて、結構深くまで見える。雨降ってても、気温はわりと高くて気持ちよかったです(^^)!

流れの速いところはあまり無理せず、流れにまかせて、水しぶきを跳ねながら渡りました。おもしろ~~いいvvv

2時間弱って言ってたけど、結構あっという間だったな。結局雨も小雨になる程度で、降りやまず、岩間沈下橋に到着。一人も転覆なく、無事着くことができましたhappy01

で、ここへ来たら、どうしてもやりたいことが!!

そう、沈下橋から飛び込むことです。それをやりにここまできたんだから。

が、実際橋の上へ行ってみると、橋からは約3mくらい。自分の背も入れると、体感4mくらいの高さ。勇んで行ったくせに「た、高い・・・sweat01」と思いっきりびびってました(^^;)。

TVで見た、というと、あれはもう少し低い橋から飛び込んでるんだそう。

尻込みして飛び込まないちび達に、やめときー、と言って帰ろうとすると、いきなり大きな水音が!

みんなが、もう飛ばないだろうと視線をそらせたその時、長男が思いきって飛んだみたいです!頭の中まで水に潜り、浮いてきたところは足のつかない場所(水深2mくらい)。浮いてきたはいいけど、泳げなくてばちゃばちゃしてるところを、トレーナーのお兄さんに助けてもらいました。

よかったね~~。でも、飛び込めてすごい!!

正直、高かったからね。無理だと思ってたよ。

後からどうだったと聞くと、「すんごい怖かった!」だって。飛んでる時間も結構長く感じたらしく、水も飛び込んでも足つかないし、たいして泳げないしで、思ったより怖かったそう。それでも、もしまた来年きたらやる?と聞くと「うん!!」と即答してました。なかなか男の子じゃーんv よくがんばったっshine

で、次男はというと、橋の上で散々ぐだぐだしたあげく、結局飛べませんでした(^^;)。次男の方がしゃきしゃきしてると思ってたけど、長男の方が結構度胸据わってるな。

次男も来年は絶対!と言ってました。来年があるとどうかはわからないけどね(^^;)。

来年、もしまた来れたら、私も飛んでみようかな(^^)。

一日思いっきり川を堪能して、四万十川体験終わりました。めっちゃ楽しかったし、気持ちよかったーーーーvvv

その日の宿は松山にとってたので、一路松山へ。

奥道後で温泉spaに入り、翌日は松山城と道後温泉を見て、帰路に着きました。

伊予間ソフト、おいしかったーーvvv

結構ハードにいろいろまわったけど、四国をしっかり堪能できてとても楽しい2泊3日でしたnote

また行こうね。今度高知に来るなら、絶対ホエールウォッチングもつけたい母でした(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土佐紀行(1)

2012年7月21日~23日、初めての高知旅行へ行ってきましたー♪

独身時代、仕事では何度も訪れたことのある高知でしたが、プライベートは初めて。しかも、いつも駅と店舗との往復のみだったので、ほぼ初めても同然!

わーいvvv

四万十川、一度行ってみたかったんだーーーvvv

てなわけで、主目的は四万十川カヌー体験!

ちび達がいつかTVで見た、沈下橋から飛び込む子供達の図、がすごく印象に残ったらしく、ずっと「沈下橋から飛び込む!」と言っていたので、今年の夏休みは四万十川に決定しました。

朝6時に家を出て、瀬戸大橋を渡り、高知へ着いたのは10時半頃。まずは高地城へ!

Dscf2311

天守閣自体はそう大きくなかったけど、とにかく門が多い!何十にも張り巡らされた門、ぐるぐると登っていく坂道(階段もあるけど)。すんごい堅固な城だなぁ、というのが第一印象でした。

天守閣に登ると、四方高知が一望!城らしく、結構高台に作られてるんですね。風がめちゃめちゃ気持ちよかったです。城内はどこも同じようないろいろな刀や武具等々が飾られていましたが、その中に長宗我部氏のことやその時代のこと、幕末のことや、鯨漁のこと等が詳しく説明されていて興味深かったです。「功名が辻」で仲間由紀恵さんが来ていた衣装も飾られてたりv  

それから、とにかく天井が低い。昔の日本人はほんと、小っちゃかったんですね(^^;)

高地城を出て、近くのひろめ市場で昼食。

入り口の気をつけとかないと通り過ぎてしまうくらい地味だけど、中は以外と広い。カツオのたたきや鯨のから揚げなど、高知の名物からカレー、うどん、カキ氷等々一大お食事市場v 一応名物とされるたたきや鯨を食べて、実家にもかつをのたたきを産直でお土産に送っときました(^^)v

昼からは龍河洞へ。

全長4kmの大洞窟で、その鍾乳石が1億7500万年という時間と自然が作った芸術だそう。葉書が通るかどうかという1ミリ程度の隙間を埋めるのに、100年くらいかかるんだそうです。一滴一滴落ちる水が石をくぼませたり、尖らせたりして、様々な形の鍾乳石を作ったきたんですね。なんか、神秘だわ。

そこの探検コースを申し込んで、約50分の洞窟探検をしてきました。

普通の観光コースを外れて、つなぎに懐中電灯付きヘルメットをかぶり、長靴、手袋という完全装備。ガイドさんの案内で、洞窟へ入っていきます。道なき道をいき、身体を縮こめたり、のばしたり、横になったり、小さくなったり、気分はインディ・ジョーンズv

途中、懐中電灯を消すと、本当に真っ暗。真の暗闇というのはこういうのをいうんだと思いました。街中に暮らしていて、田舎でも、ここまで真っ暗になることは現代ではないもんなぁ。途中、弥生時代や縄文時代といった古代人の生活した跡があったけれど、この人たちは何を考え、どんな暮らしをしていたんだろうね。火を消せば、真の闇に包まれる、この洞窟の中で。

真夏でも鍾乳洞の中は寒いくらいの涼しさ。でも、動いてたらちょうどよくなったけど。

しんどかったけど、面白かったです(^^)。

龍河洞を出たら、この日泊まる四万十川・カヌー館のバンガローへ。

近くには何もないから、来る前に何か買ってこられたほうがいいですよ、とありがたーい忠告をもらっていたにも関わらず、もう少し行ってからにしよう、とコンビニを通り過ぎること幾店か。かんっぜんにすべてのコンビニを通り過ぎてしまいました(^^;)。だって、60km近くコンビニがないなんて、思わないじゃーんsweat01  

甘かったわ(--;)

でも、結局着いてみたら、一軒だけ小さなスーパーと居酒屋を発見v

朝ごはんを買い込み。「みん家」という居酒屋で夜ご飯。ご夫婦二人でやってる小さな居酒屋だけど、とてもいい感じのお二人で、出てくる食べ物はどれもおいしくて、お客さんもいっぱいで大繁盛してましたv

そこで食べたカワエビのから揚げ。

Dscf2369

手長エビで、四万十川の名物だそうです。さくさくで、香ばしくて美味しかったvvv

バンガローは1人2500円というお手頃価格だったけど、お布団は綺麗だったし、空調もしっかりしてて、冷蔵庫もあり、ファブリーズや懐中電灯、ベープもある心配りのある素敵なお部屋でしたv

コインシャワーもあったけど、近くのホテル星羅四万十のお風呂に入りにいって、あっという間に眠りました。

明日は四万十川だーーーーvvvv

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三宮さんぽv

今日は中学の時の友達と三宮で待ち合わせ♪

折りしも街はバーゲンの真っ只中。女二人よって、燃え上がらないはずがありません!

お昼前に会って、「とりあえず、バーゲンいこっか」とは、即一致した意見でした(^^)。

も、バーゲンて、やっぱ素敵v

「半額」って、なんて魅惑的な響きvvv

普段は悩みに悩んでやっと一着、って感じなのに、あまり深く考えずにするっと何着か買えてしまうって、めっちゃストレス解消になるわーーーnotenotenote

いろいろあって目移りしますが、友達とあっちこっち冷やかしながら、結局黒のパンツと麻のセーターを購入。結構好きなA.V.Vが半額で買えてご機嫌でしたheart01

それからTOOTH TOOTH ガーデンレストランでランチv

蛸と枝豆のスパイシーガレットを注文したんだけど、めっちゃ多い!!

きた瞬間、思わず「二人分ですか?」と言いそうになったわよ。それで、パンは食べ放題だし、スープとドリンクがついて1200円はお得heart04

パンにつけるものもジャム、オリーブオイル、ハチミツといろいろあって、その中でもプレーンオイル、ローズマリーオイル、りんごはちみつ、オレンジハチミツ、岩塩、イタリア塩等々とめーっちゃ豊富!そんなに食べれるわけじゃないのに、こういうのってわくわくするよねv

本日のドリンクにカモミールのダージリンティを選択。ほんのりカモミールの香りがする紅茶がとってもお上品heart01

おなかいっぱい過ぎてデザートはパスしたけど、大満足なランチでしたhappy01

その後、雑貨屋さんを流し見てたら、ついLUSHでおねーさんに捕まってしまった(^^;)。んで、延々1時間くらいいろいろ試したり、話を聞いたり。でも、全然いやみじゃなく、押し付けがましくもなく、むしろ楽しいv

女って、基本「美」に関することって、好きじゃないですかnote

手で体験すると、ほんとに左手と右手の明るさが違う!!もう、のめりこんでしまいますね。おねーさん、うまいっvvv

それにLUSHって好き嫌いあると思うけど、ハーブとか果物とか自然がベースになってるから、香りが人工的じゃなく、それほどきつくない。色はどぎついから、「うっsweat01」って一見一歩ひくけどね(^^;)。

今までここではバスボムしか買ったことなかったけど、ついついクレンジングとオードトワレを買ってしまいましたv

前フェイシャルしたとき、「化粧水は安いものをばしゃばしゃつければいいけど、クレンジングとソープだけはある程度いいものを使わなきゃだめ」と言われてたので、ずっと探してたんですよね。ドラッグストアでもあれこれ試したりして。でも、おねーさんの肌がほんとに綺麗だったので(若いせいか?^^;)、ここのクレンジング「俳句」を試すことに。

結構いいお値段するので、小さい方からsweat01

それと、オレンジブロッサムの香りのトワレ。どこまでも香り物に弱い私(^^;)。

仕事柄香水はつけられないけど、これなら爽やかだし、つけてても嫌みじゃないかな、と思ってvvv

で、今日帰って、化粧落として、いつもの美顔器をしてみたところ、いつもなら洗顔しても薄くファンデの色が残ってるのに、ほとんど残ってない!!結構しっかり落ちてるんだ~。

てことで、しばらく使ってみようと思いますv

一日しっかり遊び、充実した休日でしたv

写真とればよかったな。ちっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »