« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

別れ

今日、仕事に行ったら、土曜日に入院されたご利用者様が永眠されたと、報告がありました。

もう、びっくりして。

だって、数日前には一緒に日帰り旅行に、神戸のポートタワーまで行ったんですよ?

お天気よくて、気持ちよくて、おいしいお昼も食べて、楽しそうに笑ってしゃべって...。

金曜日あたりから体調がおかしくなって、顔色が悪くなって、心配はしてたんですが、土曜日に病院へ行って、そのまま入院。そして、日曜日に永眠。

なんかね。

命のあっけなさに茫然としてしまう。

この仕事始めてからまだ3年も経ってませんが、その間に何人の方が逝ってしまわれたことか。あまりにあっけなく、突然に。

最初の時は、仕事中だというのに涙ぐんでしまいました。

そういう仕事だとはわかっていたけど、やっぱり自分が関わった人の死は、平常心では受け入れられません。

それが今は、悲しくても、ちゃんと報告として聞け、すぐに仕事に戻れるようになった。

ほかにも私たちを必要としてる人はいっぱいいて、仕事中にそんな姿は見せられないし。

ご利用者様には報告しないしね。

ただ、心の中で祈っている。

どうか、最後の瞬間まで穏やかに暮らせましたように。

私たちのできることなんて、本当にわずかで。

痛みをとってあげることも、かわってあげることもできなくて。

ただ、日々の生活が気持ちよくできるようにお手伝いするだけだけど。

いろんなことがあっただろう人生の最後の場所としてここにいる人たちに、穏やかな、気持ちよく暮らせる毎日が提供できていますように。

小さなことで笑える毎日でありますように。

少し前までそこにあった笑顔を思い出しながら、明日も頑張ろうと思う。

今日は、私のおばあちゃんの命日でもあります。

おばあちゃんの笑顔も一緒に思い浮かべて、明日も穏やかな一日が送れるよう、頑張ります(^^)。

あっちで元気にしていてね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空手大会!!

先日、両親連れて、金沢旅行へ行ったのですが、それも書きたいと思いつつ、日は過ぎ(^^;)。

とりあえず、先週の日曜日、空手の大会があったので、それを先に。

この大会、道場がやっている内輪の大会なのですが、結構、うちの道場には県でも強い子が在籍していて、市の大会、県大会とかでも上位に名を残し、東京武道場で行なわれる全国大会にも出たりします。

でも、そういう試合に積極的に出る子達と、試合に出ない、ただのお稽古でいい子達との実力差は結構大きく、試合ではその当たる選手によって、結果が見えたりします(^^;)。

いつもいつも一回戦、二回戦負けだった我が子達。

毎日朝はマンションの階段を10往復、夜はエントランスで自主練習。

それでもなかなか結果は出ません。

ま、これもセンスですから。ほんとに上手い子は、1年生から格が違う。見てるだけで、太刀打ちできない、圧倒的な差があることがわかります。

でもね、自分なりのがんばりでいいと思うから。

自分の最善を尽くして、その結果なら、それで十分と思うから。

自分の精一杯を尽くしなさい、といつもはっぱかけてきました。

今回、次男が初戦で当たったのは、全国大会組手5位の子。正直、組み合わせを見た瞬間、終わったな、と思いました。型で当たったんだけど、組手はめちゃくちゃ上手い子は、型でもそこそこ上手いから。

勝てとは言わない、一本でもとれるようがんばれ、ストレートでは負けるな、と親子共々悪あがきに必死でした。

で、試合。

顔を真っ赤にして、身体中に力を入れて、いつも以上にキレもあり、力も入ってる次男。

一生懸命やってるから、それだけでいいや、と思ってたのですが。

「赤の勝ち!!」

一瞬、耳を疑いました。「赤の勝ち」って言った?

うちの子って、赤じゃなかった?

うぁあ、こんなことってあるんだーーー!!!!

袖に下がってきた次男の満面の笑み。

勝ったんだぁ・・・・。

それから、3回戦まで勝ち進み、型ではベスト8、組手では3位で銅メダルを頂きました。

今まで、組手では相手が来るのを待ってばかりいて、自分から手を出せなかった子が、最初から自分から突っ込んでいってました。

いつの間にか成長してるもんなんだなぁ。

長男も型でベスト8。組手は、もうわかっていたけど、2回戦で瞬殺されてました(^^;)。

でも、次男も長男も負けた相手が優勝していて、負けたけど、二人ともなんか晴れ晴れした顔してました。

よかったねーーーーvvvv

我が子がすごい上手いわけはないのはわかっているので、勝ちあがれとか、全国に行けとかは言わない。能力以上のことはしなくていい。

ただ、自分が努力しただけの時間は、決してあんたたちを裏切らないことをわかって欲しかっただけ。どんなにがんばっても叶わない相手は絶対的にいる。でも、何もしないよりは、がんばった分、必ずそれはあんたたちの力にはなっているから。

勉強でも、お稽古事でも、仕事でも、自分の精一杯でがんばれ。

そうしたら、一つの道では上手くいかなくても、必ずあんたたちが輝ける場所があるからね!自分が納得できる場所を見つけられるように、今、目の前にあることをがんばって欲しい。

お疲れ様でした。

入賞おめでとう。

ひとつ強くなって、また次に向かってがんばってください(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

次男の初恋

お友達は幼稚園の頃から「誰それちゃんが好きーv」という話題にあふれていたというのに、うちの子は2人とも何だか幼くて、なかなか特定の子の名前が出てきません。

がっ!!

先日、クラス写真を見ながらだんなと詰め寄ると、初めて次男の口から「Mちゃん」という名前が出てきました!!

おーvvv

何だかうれしーぞっnote

バレンタインには、相も変わらずお母さん、おばあちゃん、おばちゃん等々からしかもらえない我が子ではありますが、一歩前進かなっ。

が、話はそれだけでは終わらなかった。

次男の友達が、ある日お友達と大喧嘩をして、えっらい傷を作って帰り、親まで呼び出しの事件を起こしました。

よくよく聞いてみると、ある男の子が女の子の嫌がることをしていたから、それを止めに入って大喧嘩になったということ。次男はその友達のところへちょうど行った時、喧嘩してたみたいです。

次男の友達は顔にすっごい痣をつくり、相手の子には噛み付いたというから、結構大きな喧嘩だったみたいですsweat01 次男の友達は小さいからね。噛み付くのが一番の反撃みたい(^^;)。

その助けた女の子というのが、次男の好きなMちゃんで、実は次男の友達もMちゃんが好きだったらしいです。だから、助けたというのもあるみたいだけど。

ま、女なら?

そんなことされちゃ、何とも思ってなくても、ちょっとウレシイですわね。

後情報だけど、Mちゃんの好きな子はその次男の友達だって、という噂を聞きました。

「僕が助けたかったのに」

と、ちょっとほっぺを膨らまして、悔しそうに言う次男。

なーんか、漫画みたいじゃーんvvv

この前、参観日があったとき、次男と友達が私の方へきて、「俺と○○(次男)の好きな子、一緒やねんで!」とこっそり?でもなく教えてくれました。次男はなんともいえない顔してたけどsmile

初めてよく観察したけど、大人っぽい、キレイめな女の子。

うーん。

悪いけど、高嶺の花っぽいよ(^^;)

この行方、どうなるかなーvvv

母はこっそり楽しみにしていますbleah

余談ですが、先日の懇談会で、先生が「女子は恋ばなが大好きで、始終そんな話ばっかり。に対して、男子は鬼ごっこが大好き。女子がどんどん大人びてくるのに、男子はまだまだ遊びに夢中。鬼ごに夢中の男子に、好きだの恋だのという気持ちを抱けるのが、見ててとっても興味深いです。」と面白そうに教えてくれました。

この頃から、男女の思考の違いが顕著になってくるのだそう。

男が子供なのは、この頃から仕方ないことなのね(^^;)

面白いわーvvv

長男が言うには、時おり学校で見かける次男は、それは嬉しそうにそのMちゃんとしゃべってるのだそう。

初めて気になった女の子。

実ることはないにしても、仲良くできるといーねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »