芸能・アイドル

藤田まことさん、永遠に。

今日の告別式の様子をワイドショーで見ると、涙が溢れて仕方ありませんでした。

本当にお亡くなりになっちゃったんだなぁ。

芸能人が亡くなられて、本当に泣けたのは初めてです。思い出深い歌が、聞いた瞬間にその時代に戻してくれるように、その頃見たドラマも自分の青春と重なって、その喪失感は自分が思うよりも大きかったです。

リアルタイムで見ていたときは、竜や政といった若い仕事人しか目に入っていませんでしたが、再燃してから見た主水さんの存在感の凄さには圧倒されました。視線や仕草で語られる言葉にしない思いの方が、どれだけ雄弁にそれらを告げるのか。陰と陽の間を、一瞬で空気を変えるその凄みを、いつもぞくりとした思いとともに見せ付けられていました。

インタビューでもいつも穏やかで、飄々としていて昼間の主水そのものの顔をして、「借金も財産」と言い切り、30億の借金を返しきってしまう。どれほどの苦労があっても決して表では「藤田まこと」以外の顔を晒さない。本当に藤田さん自身が「中村主水」だったような気がします。

必殺ほどしっかりは拝見しておりませんが、安浦刑事も秋山小兵衛も大好きでした。京本さんと村上さんが共演された「太閤記」で千利休で出られたときは、小躍りしたものです。もう一度、「八丁堀」と「竜」「政」が共演されるところを見たかった。

15年の時を経て必殺の復活がそれほどの違和感もなく果たせたのも、「中村主水」という一本柱があったからこそだと思います。2009で自らを「仕事人というより支え人」と仰っていた藤田さん、もう少し現代の仕事人たちを支え、次世代への橋渡しを確実なものにしたかったでしょうに、と思うと残念でしかたありません。ですが、まだ弱いものかもしれないけれど、確かに繋がった糸をこれからもっと太く確かなものになるようにと願うばかりです。

ご自分が演じられるとき、東山さんや松岡さん、田中さんといった若い仕事人たちが、後ろで直立不動で必死に自分の演技を見つめている、と嬉しそうに仰っていた藤田さんは、きっとその糸の強さを感じられたことと思います。

本当に大好きな俳優さんでした。

どうか安らかに。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

主水さん・・・・・(TTTTTTTT

うそだ・・・・・・

最初聞いたときはショックすぎて真っ白になりました。

復帰されたと喜んだのはついこの前なのに。

竜にはまって初めて知った俳優さんでしたが、本当に本当に大好きな俳優さんでした。

必殺に限らず、まだまだいろんな役を見たかった。

76歳なんて若すぎるよーーーーーーーcryingcryingcryingcryingcryingcryingcryingcryingcryingcrying

なんだか言葉になりません。

ただただご冥福をお祈りします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

上杉勝也さんのコンサート

京本さんの音楽の相棒、堀口ノアさんこと上杉勝也さんのコンサートが越谷でありました。

京本さんと伝説のシャンプー&リンスを組まれた、京本さんの音楽になくてはならない方ですが、私は当時を知らないので、京本さんのコーラスの方としか認識がありませんでした。でも、その高い綺麗な歌声、京本さんとの抜群の調和にいつも聞きほれたものです。

その方の30年ぶりのコンサート!!

できるなら行ってみたかったですが、場所的に到底無理(TT)。が、公式サイトで試聴した歌声にすっかり魅了されてしまいました!!

コーラスのときと、ボーカルのときって、なんか印象違いますね。やっぱりメインの声で聞くと、こんなに迫力があるんだ、と。よく通るのに、どこか柔らかい、語りかけてくるような声。それに、歌詞がどれも優しいけれど、しっかり前を向いている力強さがあって、すごく元気がでます。

私は「空」が一番好き。聞いているだけで、どこまでも青い空が目の前に広がっているような気がしてきます。歌詞の中の「自分が選んだ空」というところが、ああ、今、この人は自分が選んだ空を飛んでいるんだなあ、とすごくぐっときました。誰も、みな自分が選んだ空を飛べるよう、がんばってるんですものね。本当にすごく、気持ちのいい歌です。

試聴するまではそう強くは思わなかったけれど、本当に、コンサートで聞いてみたいなあ。

そして、すごいサプライズがあったよう!!

竜歌さんの素敵ブログ「かなり愛を伝えていく」でその模様が詳しく書かれていて、思わず興奮してしまいました!

知り合いの方のコンサートには大抵駆け付けられている京本さんのこと、行かれるかな、とは思っていましたが、まさか、あの、シャンプー&リンスの復活があるとは!!

時が返ったかのような、相変わらずの楽しいやりとりに、お二人の歌。想像するだけで、なんだかじわっとなってきます。

一週間で覚えたという、ノアさんの新曲「時の流れ」を歌うとき、微笑みながらじーっとノアさんのことを見ていたという京本さん。過ぎてきた30年を思っていたのかなあ。ご自身もSpeakで仰っていましたが、本当に「僕の隣にはいつも君がいた」んだろうなあ、とまたもやじわっ。

30年て一言で言うけど、凄いですよね!!

その間、二人とも何度も挫折しそうになったり、押し潰されそうになったり、自信がなくなったり、本当にいろいろあったと思う。それらをすべて乗り越えて、それぞれの今があって、そして、今、舞台の上で二人で歌えている現実がすごく素晴らしいものだと思いました。お互いだけが知ってる思いが、言葉にはできないほどいっぱいあるんだろうなあ、と。

そして、一番うるうるきそうになったのは、京本さんが自分がコンサートをするときは、また手伝ってもらうから!的なことを言われたそうで、まだ京本さんの中にそんな気持ちがあるんだということだけで泣きそうになりました。

ほんとに、ほんとにね、

京本政樹の歌が聴きたい

いつか、絶対やってくださいね!!

そして、またいつか、生でこのお二人の歌を聞けたらいいなあ。

話は変わりますが、今日のSPEAKで「HEY!HEY!HEY!」について書かれてありました♪ 徹平くんとの2ショットがめためたかわいーんですが。相変わらずなんて美形な一族だheart01 

もうすぐ「都バスで飛ばすぜい!」の後編もあるし、楽しみがいっぱいheart01

(イケ麺とウチくる?あたりが、いまいち掴めないのがなんですが・・・^^;。新聞やネットで確認しても、いまいち定かじゃないんだよなー)

| | コメント (0) | トラックバック (0)